時計

力強いデザインの「スポーツ系モデル」を幅広く展開

1870年代から懐中時計の自社一貫製造を実現。腕時計ジャンルでも1914年のアラーム腕時計や、自動巻きローターにボールベアリングを採用した時計、世界最小の分薄い時計など、革新のテクノロジーでスイス時計界に大きな足跡を残す姪ブランド。
 
近年はヨットレース、一時期はダカールラリーの公式時計ブランドとしても、より幅広いフィールドで活躍。そこで培った技術力が、市販モデルへフィードバックされている。

”海のF1”として知られるボートレースの「躍動感」「タフネス」「スピード感」を体現した人気シリーズの新作。
ブラックハイテクセラミック製ベゼルにクロコダイル・ストラップが、優雅さと上質感も演出。

タフでありながら無骨すぎないシンプルな3針ダイバーズ。ブラックPVD加工を施したケースとセラミックベゼルが高級感をただよわせている。

創業130周年にあたる2014年に発売された記念モデル。1961年に同社が製造した伝説的なアイコンモデルのデルフィンを、当時と同じ200m防水で復刻した。

【関連記事】:http://rariru.top/

0 thoughts on “力強いデザインの「スポーツ系モデル」を幅広く展開”

  1. 現在、ロレックスとオメガは恐らく、いや間違いなく、両社がこれまで製造してきたムーブメントのなかで最も精密で耐久性のあるムーブメントを製造していると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です